エッジを切り替えたターンの前半から、気持ちよく板が立って曲がっていきますよ~~!
BA7R0116

12日に新潟の工場に行ってきました。
最高のウッドコアも確保され、乾燥も順調に大事に保管されています。
予定通りに気温も湿度も落ち着いた、11月から順次生産に入っていきます。
細かいところですが、接着やプレスのバランスが格段に違うので、仕上がりは全く違うんです。

さて美神とOROCHIですが、ミニマムスタンスの幅が480mm-600mmから、460mm-580mmに変更になります。
中山さんといくつかのケースを想定して、今回のNZでのテストも踏まえてナロースタンスに変更しました。

最近の流れとして、フリースタイルボードのスタンス幅は若干狭くなってきています。
Konayuki Snowboards のラインの中では、美神とOROCHIは女性ライダーのユーザーさんも増えてきたので、よりセッティングのバリエーションを楽しめるいい機会だと思って変更しました。
今まで美神は一番後ろでセットして、ディレクショナルボード最大の特徴である直進性を楽しみながら、カーヴィングさせて乗っていた方もいらっしゃると思いますが、セットバックが40mmあるのでナロースタンスにしても走りには遜色ありませんでした。
美神とOROCHIのセットバックを大きくして前足のスタンスだけを下げることは、折角の雪の掴みからの気持ちいい曲がりに違和感が出るので、そこは譲らないポイントです(笑)

ガンガン飛ばして走りを重視のお客様は、セットバックが60mmでテールが固い『月讀』が楽しいですからね。

店頭にもNew Boardsが並び出して、段々と冬に向かって季節は移っています。
Konayuki Snowboardsのオーダーの方も終盤に入ってきて、おかげさまで売り切れのモデルも出てきました。
女性も体格の小さなライダーも、セッティングの幅が選びやすくなって乗りやすい美神とOROCHIです。

引き続きよろしくお願いしますねushi