何を考えてボードのコンセプトを考えるかというと、それはすべて「ひとつのターン」のためにです。
そして、そのひとつひとつの連続のターンを思い描きます。

Konayuki Snowboardsは、どのボードに乗っても、芯は一本同じものが通っている。
とよく言われますが、そこは僕と中山さんの大事にしているところで、ひとえに気持ちいいひとつのターンが出来るかどうかを中心にアウトラインを決め、素材を選び、イメージを形にして行きます。
だから芯となる部分はブレることはありません。
どのボードに乗ってもコナユキ「らしさ」が感じられると思います。

「ひとつのターン」と言ってもそれは人それぞれで、いろんなスタイルがあります。

新雪の表面を軽く気持ちよくスライスするようにターンしていく。
長いスプレーを上げて高速で大きなターンをしていく。
深雪の中でも強く速くカービングさせてドライブさせていく。

いろいろ滑りがあって、スタイルがあるよね。

それを全部ひっくるめても、そこには究極に気持ちのいいターンが存在するわけ。

Konayuki Snowboardsはスプリット出さないんですか?
今年もよく聞かれましたが、ワンターンに心を預けてワンターンを愛する俺には全く興味のない仕事です。 移動するにはボードを半分に割って、歩く道具にするにはいいでしょうが、最高の雪に最高のターンを描くボードじゃなくなっちゃいますもんね。
Konayuki Snowboardsはそれぞれのボードが、それぞれに違った乗り味のターンをしてくれます。
そこにすべてがあるのです。

俺らはその昔スノーボードの開発の創成期から成熟期までを、急激な進歩を毎年感じられながらテストを繰り返し開発してきました。ある意味幸せなタイミングだったと思います。

フリースタイルボードも曲がらない板から、ズレが少なくターンしやすいボードへ、そしてターンして飛びやすいボードになりました。次は簡単に動いて空中に飛びやすいボードへ替わり、軽く強い力を必要としないで回せるボードへ、扱いやすいボードへと進化してきました。

その進化と同じようにシンクロする形で、その時々のボードに乗れているライダーが現れて、その時々のスタイルで滑りを表現してきました。

「ひとつのターン」だけを見ても、先ずボードをうまく操って滑りを極めようとした俺たちの時代と、初めから曲がるボードを操ってその上にバリエーションのある滑りを見つけた次の世代とは大きく違ってきます。
俺らの世代、特にスピードに憧れて滑ってきた連中にとってのターンは、走ってなんぼ。
踏み込んで走らせて、切れて深く回ってなんぼ、の滑った後は雪がえぐれちゃう世界(爆笑)。
長い年月に染み込んだ俺らのターンは、いまだにパウダーの中でさえターンのクウォリティーにこだわります。

次の世代は雪に対しても軽やかに、雪の上でもしくはパウダーの中でさえ遊ぶバリエーションと器用さを持ち合わせるようになり、スノーボードが格段に上手いやつが多いです。

その次の世代は遊びの延長であったはずの技が複雑で高度になるので、技はできるけれど山(いろんな雪質の起伏に富んだ斜面)を滑るのは下手くそになっていきます。

が、そこを超えた技の凄さとキレをもった連中が滑りのテクを身につけると、モットモットと滑りは尖がっていき、究極の斜面や様々なハイリスクの中に価値を見出していきます。

どの世代のライダーにとっても求めているターンは違うし、それでいいと思います。

ただどの時代も「魅せられる人」は必ずスピードがあって、板がしなって反発を力に変えて乗れている奴です。

上っ面の雪を蹴散らしてスプレー上げても、踏み込んでできたパワーが解き放たれて巻き上がる雪煙は正直で、滑り手の技量と向かっている方向を正直に表しちゃいます。
キャンバーが踏みこんだパワーを溜め、それを反発させようと戻ってくる力は爆発的な浮きを産み出し、そこを踏んであげることが次のターンへの加速になります。
それは上級者だけのものではありません。
パフォーマンスしやすくするのがボードの本当の性能なんです。

今回ABECCHI2000を創るにあたり、そしてその前に月讀~硬派~を創るにあたって、俺は「ひとつのターン」に思いを馳せるオジサン世代の古い友人達と改めて話す時間がたくさんありました。

俺たちが求めているのは、そこじゃないよね。
から、じゃあどこ求めて創っていく?
やっぱり基本性能には高すぎるレベルで正直に、走って気持ちいいワンターンを描くボードでいこうよ。といつもなるわけです。
若い世代の滑りを追いかける必要はなく、究極を実践していく今の俺たちのスタイルを求めることにしました。
若い連中は上手いですが、俺たちも巧いんです。そこのステージに来た奴らが痺れちゃう衝撃をKonayuki Snowboardsで感じることでしょう。

世の中にはブームだとかで猫も杓子も尖がりボードや大きなディレクショナルボードが、バッコンバッコンと外国で生産されて売られていますが、そこに開発者の一番の想いが感じられないボードが日本のマーケットには溢れすぎました。
もしくは限定何十本!! なんて名目に躍らせられて、恐ろしい金額で売られるボードに懐が温かくなる商人と、それにも負けず目の色を変えるユーザーの軽さに笑いが湧くだけでした。

とっても不器用なメーカーですが、いたってシンプルに、正直に創っていきます。
つなぎ目のない檜の柾目、和竹のサイドウォール、環境に優しい素材。
こんなのコナユキでは価格の安いボードでも当たり前のスタンダードです。

残りのシーズンが皆さんにとって最高の時になりますように。
楽しい気持ちイイターンしてくださいね。

「ひとつのターン」にすべてがあるのです