来期に向けていろいろテストも進行中です。
パウダー用のスワローテールですが、Konayuki Snowboardsで一番スタンダードで、一番初めに作ったテールは美神です。

パウダーボードのテールの多くは、テールを沈めてノーズを浮かしやすくする為に切りっぱなしであったり、あまり大きいアップはつけない傾向があります。
しかし美神には緩やかですが大きめのアップRが付いています。
これがどんな意味を持って役に立つかというと、深雪の中で動くたびにテールからも浮力が得られるので、ターンの終盤にボードをフワッと前に押し出してくれるんですね。
テールの自由度が高いともちろん乗った感じは軽くなるので、深いパウダーの中でもよく動きます。
それは大きなノーズにある重心と相まって、バンクや壁での当て込みにも活きてきます。

正直言って巷には尖がりボードやスワローテールのボードは溢れていますが、ボード作りの専門家の我々から見て『よく意味が解らない』形状のボードだらけなんです(爆笑)

見た目と実際の動きのパフォーマンスの差は想像以上あるのもまた事実。

美神のテールもいろいろ作ってきましたが、やっぱりこの形状が俺は好きです。
深雪の中でグイっと回すもよし、軽くカウンター当てるのもよし、粘っこく長く踏み込むもよし。
美神は楽しみの幅を広げ、深雪を難しいものから楽に楽しめるボードです。

しかし美神は本気になると想像以上に切れ者です。
普段の滑りではボードのセンターにパワーを溜めて、気持ちよく小気味よく跳ね返ってきます。
圧雪でのキレキレも、新雪でのルーズさをも併せ持つ、懐の大きななかなかの大物ですよ。

何かご質問がありましたら何なりとお問い合わせくださいね。
そこがKonayuki Snowboardsのいいところですから。

くれぐれもおかしなボードに満足しないで欲しいです