ニセコワイスホルン、ニセコ岩内と二つのキャットツアーが終了しました。
ワイスは深いものの、風に表面は叩かれ少しパックドされた雪でした。

そして巻き上がるというよりは、少しまとわりついてくるような新雪。
そうなるとボードの実力がハッキリと出てしまいます。
スノーボードなんて自分が乗れて操れてナンボの世界。

乗らされているのか、乗っているのか。
これは大きな違いです。
この違いはひとつ高くて奥の深いパウダースノーのラインを描いてくれます。
全く違う世界なんです。

雪の上っ面を滑るのか、ターンの最中に感じる反発を楽しむのか?


その楽しみ方は人それぞれでいいのですが・・・
やっぱりキャンバーのアーチがあるボードは格段にいいです。
雪からの跳ね返りは、難しい雪でもターンのきっかけが作れるのでフラフラしません。
今回も多くのお客様がペッタンコのフラットボード乗っていましたが、やっぱり動きがおかしいんだよね(笑)。
もっと楽しめるはずなのに、もったいないな~~なんて単純に思います。
間近にスクールでガンガン滑っているイントラたちを見ているからかもしれないけれど、スノーボードの面白さは踏み込んで加速させて、雪煙上げて操ってこそ、それがターンなのにターンの意味が感じられないのは残念で仕方ありません。

2000は長さの全体をしならせて雪をかき上げます。
この長さ、踏み込んで回し込んでもまったく重たく感じないのはキャンバーのおかげなんだよね。

頭でっかちにならずに、基本に忠実な板でしっかり滑り込んで滑りを磨くことも、パウダーを滑る以上に大事な事なんだと感じました。

それで、早くキャラバンの予定出せ!!
ってお話ですよね、頑張ります近日中に告知します