Konayuki Snowboardsで最初の1本だと・・・
どうしましょう??

Konayuki Snowboardsで最初に作ったのは「美神」です。
その後数年かけていろいろテストしながら今のフレックスやトーションに落ち着いて3年。

Konayuki Snowboards初めてなんですけれど、最初に乗るとしたらどれがいいですか?
ここのところの質問で多いのは、こんなお問い合わせです。
悩みますけれども、悩んでいる時が一番楽しいときですから、無理にこれですとはお勧めしないんですけれども、決めてくださいと言われれば・・・
僕は「美神」をお勧めします。

Konayuki Snowboardsのボードの多くは神様の名前をいただいているんですけれど、美神は太陽のボードです(笑)
それに恥じぬ乗り味も王道。
基本に忠実すぎるくらいに丁寧な設計がベースとなっていますが、それはKonayuki Snowboardsを作ろうと決めた時に「よく走り、きちんと曲がり、確実にコントロールして減速出来る」尖がりボードのケツ割れだからこそ、きちんとやろうと中山さんと決めて創り込んだので性能も含めてですが、やっぱりこのボードは特別で初めの1本として乗っていただきたいです。

初期モデルから変わらないロゴマークが語るように、このボードは普遍的なコンセプトボードです。

いまでこそキレキレのパウダーボードが主流になりつつありますが、発売当時は美神の切れと走りはパウダーボードの概念を覆したので「パウダーボードらしくない」とも言われましたが、走らないボードより走るボードの方が楽しいに決まっていますよね。
キャンバードボードの俊敏さは突然の斜面変化や雪質の変化にも敏感に気づき、安心感を足裏に伝えてくれるので滑りの幅を広げてくれました。
そして何よりもアップRのついたテールのスワローテール。


深い雪の中でもテールからも浮力を得てくるので、感じる軽さはいです。意のままによく回り込んでくるのでストレスなく深雪でもターンしてきます。

スタンダードでなんだかんだと一番人気があるのも美神。
美神には乗って評価してみる価値のあるボードだと思っています。
どうしようかなぁ~~なんて悩んでいる方は悩んで『美神』にしてくださいね