今日は標高1250mの池です。
高原の池にはきれいな蓮が咲いていました。

近くで見ると、蓮の花は独特の存在感。
そんな感じしませんか?

この場所は八ヶ岳の西南麓にある富士見高原
昔から鹿の池と呼ばれる場所で、周囲は400mくらいの小さな池になりますが、八ヶ岳の編み笠岳や南アルプスの山々を見ることができます。

私有地なので勝手に入ることはできませんが、今回からツアーの一つに加えさせていただけるようになりました。
ご興味ある方は先ずはご連絡ください。
以前カヌーなどで使われた桟橋がありますが、現在は崩落と危険防止のために使用できません。
ツアーでは特設のフローターを使って入水することになります。

周りは深い緑に囲まれていて気持ちいです。
都会では30℃を軽く超えてしまうような気温でも、高原の池を渡る風は涼しくて癒されます。
周りには広い芝生もありますのでこれからのシーズンは最高ですね。

Mountain SUP School の準備もしています。
またご案内できると思います。
標高の高い高原でのスクール、諏訪湖とは違ってアットホームで涼しくてこれからのシーズンは最高ですね。

信州にお越しのプランとしては、半日はSUP、半日はハイキング
なんていうのがスタンダードになるかもしれません。

ご興味ある方はご連絡くださいね。