お盆も過ぎましたね・・・
DSC_0341
早いものですね。。。 皆さんはどんな夏を過ごされているのでしょうか?
毎年のことですが、僕はサーフィングに明け暮れた夏でした。
海には海の良さがあり、山には山の良さがありますよね。

残暑がまだ今しばらくは続きそうですが、お盆を過ぎれば信州の朝晩は一気に涼しくなり秋の気配が濃くなっていきます
季節の移り変わりがはっきりとわかるのが高原のいいところですね。
食べ物も果物も美味しくなって最高なんですが、僕の場合秋の花粉症も同時に始まり秋を感じさせられるのです。

写真は2月の群馬かな~(^^♪
こんな日には迷わずに「雪心」を抱えて滑り出します。
深々と降った雪が止み、穏やかなスロープが長く続く時には、ターンし過ぎることなく何時もよりノーズを下に向けて浮き上がらせながら、緩やかに曲がっていきます。

壁に大きく静かな弧を描いてみても楽しい。
地形の変化に委ねて落ちて行っても楽しい。

「雪心」の長さは、ライダーの滑りとシンクロしてくるのです。
ノーズから流れる雪のうみ出す浮力と滑りを、足の裏にしっかり感じられるのは雪心の特徴です。
テールが沈んでも早くナチュラルポジションに自然に戻ろうとします。
それはスワローテールの中に作った40mmのフラットな部分が、後ろに流れていく雪を整えるのでブレないで沈み過ぎずに抜けていくんですよ。

ボードの長さは間違いなく「浮き力」をうみだしますが、長けりゃいいってモノじゃありませんからね。
因みにこの40mmのオフセットは、圧雪でエッジを立てた時には接雪長が40mm短かくなりますから、格段にターンしやすく扱いやすさを与えてくれるんですよね。
深雪での浮力と、ハードバーンでの扱いやすさ・・・ 間違いなく魔法のテールです。

残り1本になって反応がないので、今日はお見舞いかたがた雪心の話をしてみました((笑))。
来週初めから融合ⅡとOROCHIのNew Flexテストを兼ねてNZです。
暫くカタログの発送が出来なくなりますので、お早目にご連絡くださいね。

皆さーん、残りの夏を・・・ 楽しんでねushi